October 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

1・17

12年前の今日、早朝5時46分。
私は最初のドドッっていう妙に深いな響きで目が覚めた。
それから数秒後・・・
あの阪神大震災が起きた。
隣で寝てた幼い次男と三男。隣の部屋に相方。そしてまた別の部屋で祖母と長男。
あわてて皆を起こす・・・も揺れが酷く動けない。
当時は高層住宅の上階で揺れは尋常じゃ〜なかった。
間一髪で相方はタンスの下敷きから逃れた。
あとは揺れがおさまるのを待つしかなかった。

TVをつけて情報を待った。
そして・・・びっくり。高速道路が倒れてる!!
そう、私らの騒ぎどころではなかった。

しかし、こんな状況の中でも当時トラック運転手だった相方は
その日も被災地へ配達予定だった。←(この状況なのに会社命令でね)
それも長田町。
帰宅した相方はあまりの惨状に言葉もでなかった。
【あれは戦場や】・・・そう一言いった。

あれから12年、現地の皆さんは復興とともに命の尊さを次世代に伝えている。

私達が決して忘れてはいけないこと。

改めて震災でお亡くなりになられた方々へ
心よりご冥福をお祈りいたします。合掌。
思い
そうだよ、だから命は大切にしないといけないんだ。

スポンサーサイト

comments

今日で12年ですね・・・
地震、とても恐ろしいですが自然のものなので
どうにも出来ませんね・・・
犠牲になられた方には心からご冥福をお祈りするばかりです・・・
本当に命は大切にしなければいけないって思いました。

  • masako
  • 2007/01/17 2:33 PM

私もあのときの事は鮮明に覚えています。
経験したことのないような長くて激しい揺れに
大地震が起こった・・・というのは直感しました。
震源が神戸だと知ったとき、当時神戸にいた家族・親戚のことが
心配で心配で生きた心地がしなかったのを思い出します。
数週間後、私も被災地に行きましたが まさに戦場。
目を疑いたくなるような光景に、涙しか出なかったです。

あれから12年。毎年のことですが、1月17日が来ると当時の
不安な気持ちがそのまま襲ってきます。
ルミナリエ・・。私はただキレイだから行くのではなく
神戸の復興と犠牲になった方々の冥福をお祈りするために
足を運んでいます。
命の尊さは、必ず次世代に引き継がれなければいけないですよね。

◆masakoさんへ◆
12年前、自然の恐ろしさを体感した気がしました。
政府の対応等がこの震災を教訓に
いつ起こるかわからない天災にどれだけ対応が
いかされるか…。
生きる…ということを初めて真剣に考えました。

  • noringo
  • 2007/01/18 9:01 PM

◆アンジュママさんへ◆
アンジュママさんも被災地へいきましたか…。
本当に戦場だったでしょう。
あの時、自衛隊の人たちも泣いてまいしたよね。
助けたいのに指令がおりない…と。
神戸に親類の方がいたなら
心配で心配でたまらなかったでしょうね…心中お察します。
私も、地震の情報が流れるとやはり過敏になります。

神戸は大好きな町なのでずっと応援したいと思っています。

  • noringo
  • 2007/01/18 9:06 PM
   
pagetop